お知らせ

● Twitterもよろしくお願いします。

● 旬の花時計に花が5つ増えました

● 花のおみくじモドキ 約2700枚の中から何が出る?

● 東京都の花の名所リンク

● 50音順科目別のリンク 全科目の写真付きリストはこちらまで

● 100の科から1枚づつ繋いだ動画です、百科繚乱

2018年01月12日

季節外れのサンカヨウ

去年ブログ更新をさぼりまっくたおかげで、ネタが有り余っております(^-^;
なので今回は、去年撮った中でも特に印象深い花、サンカヨウ(山荷葉)をUPします。


サンカヨウ メギ科 サンカヨウ属
Diphylleia grayi  サンカヨウ

本州中部以北から北海道、サハリンに分布します。
6月中旬に長野県は北アルプスの栂池自然園で撮影しました。
上の写真のように、この花は水に濡れると半透明になるんです、綺麗ですよね。


Diphylleia grayi  サンカヨウ

サンカヨウ属は世界に3種だけ、日本にはこのサンカヨウのみが分布します。
大小2枚の葉があります。
この場所では結構まとまって咲いていて、他にもキヌガサソウやザゼンソウ、ユキワリイチゲも咲いていました。
やっぱり山はいいですね、熊は怖いですけど。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村




posted by アシタカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月11日

ちょっとグロテスクなビロードウチワ

グロテスクと言いましても、私の撮り方がグロテスクなだけで、ビロードウチワは葉はとても美しいのです。


ビロードウチワ サトイモ科 アンスリウム属
Anthurium magnificum  ビロードウチワ

新宿御苑の温室にて存在感バッチリに咲いておりました。
花はかなり地味目ですが、サトイモ科ですから仕方ありません。
肉穂花序(にくすいかじょ)に小さな花が沢山付きます。
上の写真は花から実に変わる途中でしょうか、じつはよく分かりません、すみません。


Anthurium magnificum  ビロードウチワ(実)

こちらは実の写真、黄色が映えますね。
コロンビア原産です。


posted by アシタカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月10日

79年ぶりに再発見された花 シマクモキリソウ

去年のつくば植物園ラン展で、シマクモキリソウの花が展示されていました。
これは小笠原諸島の南硫黄島で79年ぶりに再発見された花で、野生絶滅したと思われていたものです。


シマクモキリソウ ラン科 クモキリソウ属
Liparis hostaefolia  シマクモキリソウ
[写真を拡大して見るには、クリックして飛んだ先でもう一度クリックして下さい]

父島では絶滅したようなのですが、国の天然記念物(天然保護区域)に指定されている南硫黄島は立ち入り禁止なので生き残っていたようです。
絶滅危惧TA類 (CR)です。
もうちょっと寄って撮りたかったですが、柵であまり近づけませんでした。
貴重ですから仕方ないですね。

よく似た花にスズムシソウがあります。


スズムシソウ ラン科 クモキリソウ属
Liparis makinoana
[写真を拡大して見るには、クリックして飛んだ先でもう一度クリックして下さい]

朝鮮半島、日本では北海道から九州に分布します。
これも盗掘のためにかなり減少しています。
だいぶ前に箱根の湿性花園で撮影しました。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村






posted by アシタカ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) |