お知らせ

● 旬の花時計が Ver.3 になって、スマホ対応になりました

● 花のおみくじモドキ 約2500枚の中から何が出る?

● 東京都の花の名所リンク

● 科目別のリンク 全科目の写真付きリストはこちらまで

● 初めての動画UPしました、百科繚乱
 



2016年09月27日

ダースベイダーの花と1円玉

最近巷でダースベイダーみたいと言われていますのが、この花です。


アリストロキア・サルバドレンシス ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ属

アリストロキア・サルバドレンシス-1601_filtered.jpg

[クリックすると、flickrに飛びます]

確かにダースベイダーの頭みたいですね、コウモリがいるみたいにも見えます。
花びらは退化して、代わりにがくが大きく発達してます。
エルサルバドルなどの中米原産です。
京都府立植物園にて撮影しました。
今回から、花の大きさが分かるように1円玉を合成してみました、どんなもんでしょうか。
今使っているレンズは、ピントの合っている位置までの距離が撮った写真に記録されてるので、後から被写体の大きさが計算できます。(ただし正確ではなくて大体の大きさです(^_^;))

他にもダースベイダー軍団の花が撮れました。

アリストロキア・アルボレア ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ属

アルストロキア・アルボレア-1601_filtered.jpg

[クリックすると、flickrに飛びます]

こちらは中にキノコが生えてるみたいですね。


アリストロキア・トリカウダタ ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ属

アリストロキア・トリカウダタ-1601_filtered.jpg

[クリックすると、flickrに飛びます]

ここっちはゲリラカイト型?


アリストロキア・ペルビアナ ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ属

アリストロキア・ペルウィアナ-1601_filtered.jpg

[クリックすると、flickrに飛びます]

ところで雄蕊と雌蕊はどこにあるかと言いますと、穴の一番奥にありまして、中に虫を誘い入れて受粉するそうです。
あとウツボカズラみたいに虫を食べたりはいたしません(^_^;)

最後に1円玉記念で、前回のキソウテンガイの雄花に合成してみました。

29098898116_fe5325fda7_o2.jpg

かなり小さい花ですね、葉っぱはあんなに大きいのに(^_^;)


posted by アシタカ at 10:25| Comment(4) | TrackBack(0) |

2016年08月23日

咲くやこの花館のキソウテンガイ

キソウテンガイ、まさに奇想天外な名前ですが、どんだけ奇想天外なのかはまず全体像を見たいところです。
しかし、またもや全体を撮り忘れてしまいました、困ったものですね(^_^;)
なのでウィキペディアから素晴らしい写真をお借りしました。


キソウテンガイ ウェルウィッチア科 ウェルウィッチア属

Welwitschia_mirabilis0425-770.jpg

Welwitschia mirabilis en el bosque petrificado de Damaraland (Namibia). by Nanosanchez
CC 表示-継承 3.0

この写真はナミビアの自生個体です。
アンゴラとナミビアにまたがるナミブ砂漠の北のカオコランドと呼ばれる地域の固有種で、亜種を除いて一科一種です。
1859年に、オーストリアの探検家フリードリヒ・ウェルウィッチによって発見されました。



キソウテンガイ-1601_filtered.jpg

[クリックすると、flickrに飛びます]

これは雄花です。



キソウテンガイ-1602_filtered.jpg

[クリックすると、flickrに飛びます]

そしてこっちが雌花。
なんと寿命は1000年以上、いくつかの個体は2000歳を超えている可能性もあるとか。
巨大きし麺恐るべし。

シン・ゴジラを観てから、頭半分をこの映画に占領されてます。
巨大不明生物、ぜひ映画館で体験してください!


posted by アシタカ at 23:43| Comment(4) | TrackBack(0) |

2016年08月18日

咲くやこの花館のフニーバオバブ と シン・ゴジラ

今回は予定をちょっと変更しまして、大阪の咲くやこの花館のフニーバオバブをUPしようと思います。
咲くやこの花館は「国際花と緑の博覧会」のメインパビリオンとして作られたもので、日本一広い温室、冷室の施設です。


フニーバオバブ パンヤ科 バオハブ属

フニーバオバブ-540.jpg


マダガスカル原産で、開花株はここだけとか。
3年ぶりに咲いたというのではるばる大阪まで行ってまいりました(^^)
メチャ高い所に咲いていますね、これではいつものカメラでは寄り切れないです。



フニーバオバブ-2.jpg

[クリックすると、flickrに飛びます]

なので24倍ズームのコンパクトカメラを使いました。
夕方5時頃から20分位で開花するので、開いていく動きが目に見えて分かるそうです。
次の日の午前中までは綺麗な状態と聞いて、入館後真っ先に撮りに向かいました(^_^;)
一輪だけは綺麗な状態で良かったです。

全く関係ないのですが、映画「シン・ゴジラ」3回目を観てきました(^_^;)
巷で話題のラストカット、間違いなく気のせいだと思うのですが、1回目、2回目と画がちょっとだけ違う、より事態が進行した方向に差し替わってるように感じました。
上映の日数経過に応じてラストカットが変わっていく映画、あったら面白いかもと思いました(^_^;)


posted by アシタカ at 19:25| Comment(4) | TrackBack(0) |