お知らせ

● Twitterもよろしくお願いします。

● 旬の花時計に花が5つ増えました

● 花のおみくじモドキ 約2700枚の中から何が出る?

● 東京都の花の名所リンク

● 50音順科目別のリンク 全科目の写真付きリストはこちらまで

● 100の科から1枚づつ繋いだ動画です、百科繚乱

2018年01月21日

新宿御苑のペーパーホワイト(スイセン)

冬の新宿御苑というと真っ先に思い浮かぶのは、スイセンです。
中でもニホンスイセンペーパーホワイトの2種が見事ですが、今回はペーパーホワイトの写真です。


スイセン・ペーパーホワイト  ヒガンバナ科 スイセン属
Narcissus papyraceus in Shinjuku Imperial Garden  スイセン ペーパーホワイト

地中海沿岸地方原産の球根植物です。
園芸品種ではなく原種水仙の一種だそうです。


Narcissus papyraceus  ペーパーホワイト

花の真ん中が黄色いニホンスイセンより早く咲き始めます。
清楚で凛とした感じがいいですね。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村




posted by アシタカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月19日

黄色い筆のような花 マユハケオモト

熱帯アフリカから南アフリカ原産の球根植物、マユハケオモト、別名ハエマンサスです。


マユハケオモト  ヒガンバナ科 ハエマンサス属
Haemanthus albiflos  マユハケオモト
[左右の矢印クリックで、ヒガンバナ科の花が出てきます]

葉が万年青(オモト)に、花が眉刷毛(マユハケ)に似ているので眉刷毛万年青(マユハケオモト)だそうです。
試しに「眉刷毛」で検索しましたが、この花しか出てこなくて、実際の眉刷毛は謎のまま残りました(^-^)


Haemanthus albiflos  マユハケオモト

花は小花が沢山集まってできています。
まあハケというよりブラシですかね(^-^)
近縁種に花が赤いアカバナマユハケオモトというのがあるようなのですが、まだ未見です。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村




posted by アシタカ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) |

一つの花に100個の翼 ユリノキの実

新宿御苑のシンボルツリー ユリノキの実が見頃ということで、早速撮ってまいりました。


ユリノキ  モクレン科 ユリノキ属
Liriodendron tulipifera (seed)   ユリノキ(実)
[左右の矢印クリックで、モクレン科の花が出てきます]


ユリノキは北アメリカ東部原産の高木で、原産地では樹高が60mにもなります。
この新宿御苑の木も30mあって、とても立派な木です。
実は集合果で、一つの花に約100個の実がなります。
一つ一つの実は翼果で、扁平の翼状になってクルクル回転しながら飛ぶそうです。


Liriodendron tulipifera

上はユリノキの花の写真です。
チューリップに形が似てますが、それが学名に反映されてます。


シナユリノキ  モクレン科 ユリノキ属
Liriodendron chinense

ユリノキ属は世界に2種しかなくて、もう一つは上のシナユリノキです。
国際自然保護連合のレッドリストで準絶滅危惧(NT)に指定されています。

カラスがよくユリノキの花をつついて落とすそうですが、今日はベンチに置いた私の荷物をつついてました。
食べ物なんて無いのにね。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村




posted by アシタカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |