お知らせ

● 旬の花時計が Ver.3 になって、スマホ対応になりました

● 花のおみくじモドキ 約2500枚の中から何が出る?

● 東京都の花の名所リンク

● 科目別のリンク 全科目の写真付きリストはこちらまで

● 初めての動画UPしました、百科繚乱
 



2016年10月31日

テンニンソウ 命名の謎 とミカエリソウ

花の名前は、情緒的で綺麗な物から、かわいそうになる位酷いものまで色々ですが、今回は天人草という高貴な名が付けられた花と、その仲間です。

日本の北海道、本州、四国、九州に分布する花 テンニンソウ。
漢字では天人草と書くのですが、なぜその名になったのかは、はっきりしていません。


テンニンソウ シソ科 テンニンソウ属

テンニンソウ-1601_770.jpg

[クリックすると、大きいサイズになります]

開花で包葉が剥がれ落ちるのを、天人が花を撒くのに例えた・・・とか、
花が下から上へと咲き上がる様子を天の花に例えた・・・とか、
花の集まりを天女の舞いに見たてた・・・とか、
諸説あるようなのですが、一番有力な説は、
この写真の上の方、穂状の蕾が天人の顔のように見えるから・・・だそうです。

今一つピンとこないですね、写真によるかもですが(^_^;)



テンニンソウ-2-770.jpg

[クリックすると、大きいサイズになります]

日本固有種で、北海道、本州、四国、九州に分布します。
4本の雄しべと1本の雌しべが長く突出してます。


ミカエリソウ シソ科 テンニンソウ属

ミカエリソウ-1601-770.jpg

[クリックすると、flickr に飛びます]

天人草と同じ科属の見返草(ミカエリソウ)です。
美しい花なので思わず見返るというのが命名ポイントです。
色が派手だし、花穂全体にまで咲き上がって群生していたら、思わず見とれてしまうかもですね。
本州の中部地方以西に自生しています。




posted by アシタカ at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) |

2016年10月21日

ビーム発射口みたいなオヤマボクチとゴボウの花

今回は北海道・本州・四国の山地に生える多年草、オヤマボクチと、
これと見た目そっくりな花2つをUPします。


オヤマボクチ キク科 ヤマボクチ属

オヤマボクチ-1501_770.jpg

[クリックすると、大きいサイズになります]

なんかSF物のビーム発射口みたいでカッコいいと思うのは私だけでしょうか、きっとそうですね(^_^;)
雄山火口(オヤマボクチ)は大きいヤマボクチという意味で、火口(ボクチ)は、火を起こす際に綿毛を用いたとのことからです。
また長野県飯山市では、葉の繊維を蕎麦のつなぎに使うそうです、粘りっこいそばが打てるとか。


ゴボウ キク科 ゴボウ属

ゴボウ-1501_770.jpg

[クリックすると、大きいサイズになります]

牛蒡(ゴボウ)の花です。
金平ごぼう、大好きです(^^)
日本では自生していませんが、江戸時代から明治にかけて食すようになったとか。
花の向きが斜め上になりましたね。


オオバナオケラ キク科 オケラ属

オオバオケラ-1601_770.jpg

[クリックすると、大きいサイズになります]

大花朮(オオバナオケラ)、中国原産で、日本に自生するオケラに比べて花が大きいです。
白朮(ビャクジュツ)と称する生薬のために栽培されています。
花の向きが真上になりました(^^)

関係ないですが、オケラというコオロギみたいな昆虫がいますね。
子供の頃、この虫が夜中にジージー鳴くのを、ずっとミミズの鳴き声だと思ってました。
東京に来てからは一度も聞いたことが無いのですが、今思うと懐かしいです。


posted by アシタカ at 16:23| Comment(4) | TrackBack(0) |

2016年10月16日

虫をぶっ叩く花 スティリディウム・デビレ

オーストラリアには、トリガープランツと言われている、超凄い技を持ったな植物群が自生しているそうです。
何が凄いって、目にも止まらぬ速さで蕊が虫を叩くのです。


スティリディウム・デビレ スティリディアケアェ科 スティリディウム属

スティリディウム・デビレ-770.jpg

[クリックすると、flickrに飛びます]

そのトリガープランツの中の一つがこれ、スティリディウム・デビレ
左にあるのは1円玉の一部、かなり小さい花なのです(^_^;)
花の真ん中から飛び出ているのは蕊柱(ずいちゅう)と言いまして、雄しべと雌しべが一緒になったものです。
花に虫が止まるとこの蕊柱が一瞬のうちに回転して虫を叩くのです。
百聞は一見にしかず、YouTube の動画でどれだけ速いかご覧ください。




メチャ速いですね、これでは虫は逃げられないでしょう。
虫を叩いた蕊柱は5分位かけて元の位置に戻るそうです。
その動画がこちら。



(以上2つの動画は、イギリスのヴェントナー・ボタニック・ガーデンが作成したものです)
この一連の動作により、花粉を虫に運んでもらうようになっているのですね。
最初の写真は蕊柱が元に戻る途中だったようですね、撮影時、私はてっきり虫を叩く前かと思いました(^_^;)



スティリディウム・デビレ-2-770.jpg

[クリックすると、花の一つ一つまで確認できます]

一応全体写真なのですが、ゴチャゴチャしてますね(^_^;)


posted by アシタカ at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) |