今の句
花も実も 今を創るよ ひたすらに

2018年01月23日

魔法使いには欠かせない花 マンドレイク

つくばの実験植物園にて今年もマンドレイクが咲きました。
マンドレイク(マンドラゴラ)と言えば、引き抜くのにとても勇気がいる花ですが、とても多く細かい根を張るので、強引に抜くには力もかなり必要だそうですよ。


マンドレイク  ナス科 マンドラゴラ属
Mandrake officinarum  マンドレイク
[矢印をクリックするとナス科の花の一部が出てきます]


なかなかに怪しい雰囲気を醸していますね、色が独特です。
では実際のはどんな感じなんでしょう、こちらで確認できます。
春咲きの種と秋咲きの種があって、伝説では春咲きが雄、秋咲きが雌とみなされたとか。
今日の写真は春咲きの雄Mandrake officinarum です。


mandragora officinarum  マンドレイク

もう一枚、上は2年前に撮った写真です。
この時の方が花の数が多いです。
ちなみにドイツではマンドレイクの亜種をアルラウネと言うそうです。
この名前もゲーム等でよく聞きます。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村




posted by アシタカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182214372

この記事へのトラックバック