お知らせ

● 旬の花時計が Ver.3 になって、スマホ対応になりました

● 花のおみくじモドキ 約2500枚の中から何が出る?

● 東京都の花の名所リンク

● 科目別のリンク 全科目の写真付きリストはこちらまで

● 初めての動画UPしました、百科繚乱
 



2014年02月20日

遺伝子組み換えの花 青いコチョウラン

世界らん展に行ってまいりました。
思い起こせば、去年の猿面の花の時は長蛇の列でブースに入るのをあきらめてしまったのです。
しかし今年の青いコチョウランのブースは、大雪のせいかとても空いてまして、すんなり入ることができました。


ウエディング・プロムナード-1401-770.jpg

[クリックすると、もっと大きく見られます]

上の花は、コチョウランのウエディング・プロムナードという品種でして、青いコチョウランのベースになった花です。


青いコチョウラン-1401-770.jpg

そして上の花が、遺伝子組み換えで生まれた、青いコチョウランです。
生み出したのは千葉大学だそうです。

しかし、人間の都合で改変させられた花にとって、色の違い意外にストレスとなる事はないのでしょうか。
物を言わない植物ですから、何か苦しい事があっても無視されてしまうのでは?
そんなことを思いながら調べてみたら、遺伝子組み換えのサケ(魚の)まで作られていました。
この先どうなるのか、私はとても恐ろしく思うのです。


posted by アシタカ at 01:23| Comment(8) | TrackBack(0) |

2014年02月14日

シャンデリアの花 ホンコンドウダン

今日は朝から東京では雪が降っています。
ベランダを見ますと、植木鉢が皆かき氷になってました。
美味しそうなのですが、さすがにこの寒さでは食べる気にはなれませんでした(^_^;)

というわけで、今回はホンコンドウダン、中国原産のツツジ科の花です。



ホンコンドウダン-1-770.jpg

[クリックすると、もっと大きく見られます]

別名ピンクシャンデリアと言われるとおり、下を向いてまとまって付いた花がシャンデリアのようです。
萼片は赤く透き通っています。



ホンコンドウダン-2-700.jpg


香港では、自生種は保護植物に指定されているそうです。
2月から4月に開花します。
しかしこういう蕊の見えにくい花は困ります。
どうしても下から覗くように撮りたくなります(^_^;)


posted by アシタカ at 19:08| Comment(8) | TrackBack(0) |

2014年02月04日

早春の花 セツブンソウ

昨日は節分でしたね。
夜中の0時にお札を部屋の壁に張り付けた方が沢山いらっしゃると思います。
私も何年かぶりに貼りました、一陽来復のお札を。
関係ない話はやめまして、今回はセツブンソウです(^_^;)


セツブンソウ-1-770.jpg

[クリックすると、もっと大きく見られます]


調布の野川公園では、今年ももう咲き始めているようですが、今回の写真は去年撮ったものです。
結構群生していてちょっとびっくりしました。



セツブンソウ-1402-770.jpg


白い花びらのような部分は萼片で、黄色い球(蜜腺)が付いているのが花びらが退化したものです。
最近知ったのですが、同じ仲間で韓国産のヒナマツリソウという花があるんですね。
こちらは蜜腺が緑色みたいです。


posted by アシタカ at 13:56| Comment(8) | TrackBack(0) |