トピックス

(2月17日) つくば植物園でヒスイカズラが咲いています。

(2月13日) 「昆虫はあと100年で全滅」の可能性指摘する論文が発表

(2月9日) 世界らん展2019 2/15〜2/22 今回の目玉は世界最長の花弁?

(2月8日) よみうりランドで、水族館と植物園を新設

(2月5日) 川崎市緑化センターでヒスイカズラが咲いています。

写真俳句のページを作りました

アシタカ 花の写真俳句

2019年02月20日

2月20日 パフィオペ属の王 パフィオペディラム・ロスチャイルディアナム


Paphiopedilum rothschildianum  パフィオペディラム・ロスチャイルディアナム
Paphiopedilum rothschildianum パフィオペディラム・ロスチャイルディアナム

パフィオペ属の王、堂々たる風格、パフィオペディラム・ロスチャイルディアナムです。
左右に真っ直ぐ伸びた花弁がカッコいいいです。

名称は、ヴィクトリア朝時代のラン栽培家として有名なファーディナンド・ド・ロスチャイルド男爵からきているとか。


Paphiopedilum rothschildianum  パフィオペディラム・ロスチャイルディアナム
パフィオペディラム・ロスチャイルディアナム

巨大なハンマーで叩かれそうですね、凄い迫力です。
パフィオペ属はこの袋状の唇弁が特徴ですが、この中に虫が落ちると、中の細かい毛によって受粉場所に導かれるそうです。

ラン科 パフィオペディラム属  ボルネオ島キナバル山の固有種
2019年2月中旬  世界ラン展にて

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村
良い写真でしたらクリックをお願いいたします。



posted by アシタカ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年02月17日

2月17日 世界一長い花 パフィオペディラム・サンデリアナム


Paphiopedilum sanderianum  パフィオペディラム サンデリアナム
Paphiopedilum sanderianum パフィオペディラム サンデリアナム

世界一長い花としてギネスブックにも登録されている花、パフィオペディラム・サンデリアナムです。
貝ひものように捻じれて垂れ下がっているのは花弁なんですね。
虫が地面から上がって来やすくしてるんでしょうか。


Paphiopedilum sanderianum  パフィオペディラム サンデリアナム
パフィオペディラム・サンデリアナム

1885年に発見された後100年近くも存在不明だったそうです。
再発見された自生地はボルネオ島、岩場に着生しているとか。

ラン科 パフィオペディラム属  ボルネオ島原産
2019年2月中旬  世界ラン展にて

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村
良い写真でしたらクリックをお願いいたします。



posted by アシタカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年02月13日

2月13日 花星人特集

本日は、最近インスタにUPした花星人たちの特集です。
皆負けず劣らず個性的でラブリーです。


ションバーグキア・ウンデュラタ
Schomburgkia undulata ションバーグキア・ウンデュラタ

タコの頭に像の耳、ピンクがお洒落なタコミミ星人ションバーグキア・ウンデュラタ
人によってはイカミミ星人になったり。

ラン科 ションバーグキア属、熱帯アメリカ原産です。


デンドロビウム・ディスコロル
Dendrobium discolor デンドロビウム・ディスコロル

全身捻じれまくった、貝ひも星人デンドロビウム・ディスコロル
お顔がどこなのかよく分かりませんね。

ラン科 セッコク属、ニューギニア、オーストラリア原産です。


ドラキュバリア・ブルーボーイ
Dracuvallia Blue Boy 'Cow Hollow' ドラキュバリア・ブルーボーイ

見ざる、言わざる、僕は聞かざる、聞かザル星人ドラキュバリア・ブルーボーイ

ラン科ドラキュラ属とマスデバリア属の交配種です。


Bulbophyllum lasiochilum  バルボフィラム・ラシオキラム
Bulbophyllum lasiochilum バルボフィラム・ラシオキラム

もうやってらんねーぜ! やさぐれ星人バルボフィラム・ラシオキラム
展示会で愛嬌振りまいて疲れてしまったのでしょうか。

ラン科 マメヅタラン属、ビルマ、タイ、マレー半島原産です。


Malaxis iwashinae  マラクシス・イワシナエ
Malaxis iwashinae マラクシス・イワシナエ

吸いついたら離れません、吸盤星人マラクシス・イワシナエ
筑波実験植物園がバヌアツ諸島を調査した際に発見されたランで、学名は岩科氏の名前からきています。

ラン科 ヤチラン属、バヌアツ諸島原産です。


トリコグロッティス・ラティセパラ
Trichoglottis latisepala var. tricarinata トリコグロッティス・ラティセパラ・トリカリナータ

最後は、拝む姿に後光が差す、ありがたや星人トリコグロッティス・ラティセパラ・トリカリナータ
ピンクの蝶ネクタイがイカしてます。

ラン科 ニュウメンラン属、フィリピン原産です。

やっぱりラン科ってメチャ面白いですね。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村
良い写真でしたらクリックをお願いいたします。



posted by アシタカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |