お知らせ

● Twitterもよろしくお願いします。

● 旬の花時計に花が5つ増えました

● 花のおみくじモドキ 約2700枚の中から何が出る?

● 東京都の花の名所リンク

● 50音順科目別のリンク 全科目の写真付きリストはこちらまで

● 100の科から1枚づつ繋いだ動画です、百科繚乱

2018年01月27日

アンデスの秘宝 パラモンガイア・ウエベルバウエリー

筑波実験植物園でまた凄い花を見つけました。


パラモンガイア・ウエベルバウエリー  ヒガンバナ科 パラモンガイア属
Paramongaia weberbaueri  パラモンガイア・ウエベルバウエリー
[矢印をクリックするとヒガンバナ科の花が出てきます]

ペルー原産の大きななラッパ水仙、アンデスの秘宝という凄い名で流通しているようです。
原産地では丘陵地の険しい崖などに生えているそうで、何か冒険心をくすぐります。



パラモンガイア・ウエベルバウエリー-700.jpg


黄色と蕊のオレンジがいい感じです。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村




posted by アシタカ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月26日

可愛くても食虫植物 青いタヌキモ属

筑波実験植物園で青いタヌキモ属の花を見つけました。


種名不明  タヌキモ科 タヌキモ属
Utricularia SP.  タヌキモSP
[矢印をクリックするとタヌキモ科の花が出てきます]

とても小さくて可愛い花なのですが、水中に捕虫嚢を持っていて、ミジンコやボウフラなどを吸い込んで消化します。


ノタヌキモの捕虫嚢

ノタヌキモ-770.jpg

Photo by Michal Rubeš CC BY 3.0 cz - http://www.darwiniana.cz/vamr/?page=obrazek&id=914


素晴らしい写真をWikiからお借りしました、ノタヌキモの捕虫嚢です。
ノタヌキモは日本では絶滅危惧II類 (VU)です。

1枚目の青い花に似たものを以前撮っていました。


ウトリクラリア・ヘテロセパラ  タヌキモ科 タヌキモ属
Utricularia heterosepala  ウトリクラリア・ヘテロセパラ

他にもウサギゴケとかミミカキグサとか花の形が面白いです。
しかしなぜ「タヌキ」なのか、しばし調べましたが謎のままです。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村




posted by アシタカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月25日

葉の先端にまた葉っぱが 飛び葉クロトン

今回は花でも実でもなく葉っぱの写真です。


飛び葉クロトン  トウダイグサ科 コディアエウム属
Codiaeum variegatum var. pictum f. appendiculatum  飛び葉クロトン
[矢印をクリックするとトウダイグサ科の植物が出てきます]

どうしてこんな葉になったのでしょう、自然は本当に奥が深いです。
きっと何か意味があるんでしょうね、私には想像できません。
クロトン=ヘンヨウボク(変葉木)の別名に偽りなしです。
違う品種ですが、花の写真も一応あります。


クロトン(雄花)  トウダイグサ科 コディアエウム属
Codiaeum variegatum  クロトン(雄花)


上はコディアエウム・バリエガツム(Codiaeum variegatum)の花です。
クロトンは葉が美しいので沢山の園芸品種があります。



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村




posted by アシタカ at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) |